業社に頼むべき症状

重度の水漏れや、個人では不可能な部分の破損による物が原因の水漏れに関しては、個人ではなく水漏れ専門の修理業者に依頼する必要があります。水漏れの原因は蛇口の故障だけではありません。一般的に水漏れの原因として知られているのは、排水管や汚水管の破損や雨水管の破損、結露、シーリング切れ、外壁のクラックからの浸水ん、給水管や給湯管の破損など色々な原因が考えられます。

また、難しい部分の水漏れを業者に任せずに自分でチャレンジしてしまった結果、悪化させてしまうような事になったら余計に業者にお任せする場合に高い金額を請求される可能性もあります。また、マンションやアパートなどの集合住宅のような場合には、下の階のスペースまで水漏れが起こる可能性があり、下の方の電化製品を破損させてしまったり、大事な物を水浸しにしてしまう可能性すらあります。

インターネット上には、難しい水漏れの修理法なども紹介しているページがありますが、明らかに自分の手に負えないような症状の場合には、諦めて水漏れの専門業者に依頼するのも一つの修理方法だと言えます。水漏れの場合には、色々な選択肢がありますので、どの選択肢が自分にとって有効な対処法なのかを冷静に判断する事が重要になってくるのです。

蛇口が原因の場合

水漏れの修理の中でも最も簡単なのが蛇口が原因の水漏れです。蛇口が原因の水漏れは難しいと思われている方も多いと思いますが、見た目で故障している部位がわかりやすかったり、構造が非常にシンプルという事もあり、非常に修理しやすいパーツになっております。

蛇口が水漏れしやすい部位は、吐水口やパイプの付け根、ハンドルの下、蛇口の取りつけ部分の4か所になるのですが、最初に疑わなければいけない部位はゴム製のパッキンです。ゴム製のパッキンは非常にリーズナブルなパーツなのですが、蛇口を正常に動かすためには重要なパーツとなっております。水漏れをしている部分を分解して行き、破損しているパーツを交換するのが修理方法になるのですが、色々なホームページで、蛇口の修理方法や修理手順を図解で紹介しているページを見つける事ができますので、そこまで難易度は高くありません。

修理に必要なモンキーレンチやプライヤー、精密ドライバー、ピンセント、水栓レンチなどはどれもホームセンターやインターネットで購入する事ができる普通の工具になりますので入手も難しくありません。値段もお手頃ですので、非常にリーズナブルな価格で水漏れの修理を行う事が可能となっております。

水漏れの修理方法

水漏れが起きてしまった場合には、一般的には水のトラブルを専門に扱っている専門業者に依頼して水漏れの修理をしてもらうようになりますが、水漏れが非常に切羽つまっている状態という事や、パニックになりかけていて冷静な判断が出来ないような状態で依頼しますので、どうしても修理料金が高く設定されているケースがあり、簡単な修理だったとしても出張費にパーツ代、技術料を加えて数万円のような修理費を請求されてしまうケースも増えております。

もちろん、このような悪徳と呼ばれる業者ばかりではないのは当然なのですが、水漏れのケースは千差万別ですので、全く同じ症状であるという事が少なく、スマートフォンなどで見た水のトラブル修理業者のホームページに記載されている金額よりも高くなってしまうケースが多いのです。

そういった状況に対処するためには、自分で出来る事は自分でしてしまうのが一番です。水漏れなどはとんでもなく修理が大変と思われている方も多いかも知れませんが、水漏れにも軽度と重度のものがあり、軽度の物に関しては、自分で必要なパーツをホームセンターに買い出しに行き、必要な工具を揃えれば修理する事が可能になっております。

しかし、これまで水漏れの修理をした事が無い方にとっては、どのように修理をしたらよいかわからない部分が多いと思います。そこでこちらのページでは、水漏れの修理方法についてまとめましたのでご紹介させて頂きます。現時点で水漏れをしていない方も、将来的に必要な知識になりますので、ぜひチェックしてみてください。