蛇口が原因の場合

水漏れの修理の中でも最も簡単なのが蛇口が原因の水漏れです。蛇口が原因の水漏れは難しいと思われている方も多いと思いますが、見た目で故障している部位がわかりやすかったり、構造が非常にシンプルという事もあり、非常に修理しやすいパーツになっております。

蛇口が水漏れしやすい部位は、吐水口やパイプの付け根、ハンドルの下、蛇口の取りつけ部分の4か所になるのですが、最初に疑わなければいけない部位はゴム製のパッキンです。ゴム製のパッキンは非常にリーズナブルなパーツなのですが、蛇口を正常に動かすためには重要なパーツとなっております。水漏れをしている部分を分解して行き、破損しているパーツを交換するのが修理方法になるのですが、色々なホームページで、蛇口の修理方法や修理手順を図解で紹介しているページを見つける事ができますので、そこまで難易度は高くありません。

修理に必要なモンキーレンチやプライヤー、精密ドライバー、ピンセント、水栓レンチなどはどれもホームセンターやインターネットで購入する事ができる普通の工具になりますので入手も難しくありません。値段もお手頃ですので、非常にリーズナブルな価格で水漏れの修理を行う事が可能となっております。